勝てなかったバイナリーオプションが変わったわけ

勝てなかったバイナリーオプションが変わったわけ

皆さんこんにちは。「きちんと学べば一生の財産に」というのは、私か運営するバイナリーオプション教室のキャッチコピーですが、これは私のバイナリーオプションに対する感想でもあります。バイナリーオプションとの出合いは、それほど私の人生に良い影響を与えています。今回は。バイナリーオプションを一生の財産にしていった私のお話を少しだけさせていただきます。

 

退場を繰り遮していた初心者時代の私。今でこそ「先生!」などと呼ばれるようになりましたが、バイナリーオプションを始めてから3年くらいは、まったく勝てませんでした。10万円ぐらいの資金でバイナリーオプションを始め、口座残高を減らしては足しを繰り返し、入金する資金が底をつくと、半年くらい口座を放置……。

 

そのようなことを2〜3回は繰り返していた記憶があります。その頃は取引にルールなどなく、日替わりで新しい手法を試していたといっても大げさではなかったでしょう。勝率にこだわるあまり、数回負けるだけですぐに手法をチェンジ。負けない手法を求めて、書籍やネットなどの情報を読み漁っていました。いつしか、新たな情報を仕入れることが目的になっていたのかも知れません。これでは勝てる訳がありませんね。

 

私にはこれしかない!と思い再度チャレンジバイナリーオプションを始めたころの私の年収は……200万円を割っていたと思います。細かい事情は割愛しますが、バイナリーオプションというものを知った私は一攫千金を夢見て、本当になけなしの金でバイナリーオプションをしていました。

 

退場を繰り返すうちに、バイナリーオプションに対して逆恨みをするようにもなっていたかも知れません。お金を増やすどころか減らしてしまい、退場をする度に「もう2度とやるまい……」と誓っていました。

クレジットリスクが台頭する世界

世界の金融市場を考えると米国、ユーロ、日本ともに信用不安いわゆるクレジットリスクが台頭している。クレジットカードの使い道や、資産運用としてのFXには十分注意が必要であろう。